ダイヤモンドネックレスが高価なのは世界共通

ダイヤモンドは供給量が少なく、なおかつセーブされている

世界の中でも非常に高価な宝石として知られているダイヤモンドは、地中150kmという地中深く作られる鉱物であり、当然地中150kmという深さを人類の技術で行う事は不可能なために、採掘される量は限られており、可能か限り深く採掘する為には手間とコストもかかります。

さらに採掘されたダイヤモンド原石の中で宝石として商品化できる確率はわずか1割程度と言われており、ますます希少価値が高くなって高価な値段が付くようになるのです。
また硬度の高いこの宝石はカットや加工にも手間がかかることも原因の一つです。
この宝石は一定の企業がほぼ独占的に生産と供給の統制を行っており、市場に出る量もセーブされているのです。

人工ダイヤモンドは「似て非なるもの」

希少価値も高く世界においても共通して高価な宝石であるダイヤモンドは、品質の良い物ほど高額な金額で取引されます。
ダイヤモンドネックレスには多くの石が使用されているために当然高額な値段が付くのです。
近年は世界中の市場にキュービックジルコニアなど数多くの人工ダイヤモンドが出回るようになりました。
精巧に作られている人工ダイヤモンドであれば、素人が一見しても天然の物と区別が付かない場合も少なくありません。
とはいえ、天然のダイヤモンドには人工では再現できない独特の輝きや色合い、光り輝く美しさが備わっています。
だからこそ、唯一無二の存在として人工ダイヤモンドとは比べられない高額な値段で取引されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です